mao_memo

  • 出版文化

    電子書籍の話になると「出版文化を守れ」という声がどこからともなく湧き出す。
    良書を世に送り出してきたのが出版社だという。
    確かに良書もあっただろうが、それよりも世の顰蹙を買う悪書もたくさん送り出してきたからこそ、十数年ほど前まで戦後ずっと右肩上がりの成長/拡大を続けてこれたというのは忘れたのだろうか。
    そもそもなにを以て良書というのか? それはなかなか難しい。

Twitter でのコメント

Twitter でコメントする
(ツイート中にこのページへの URL を含むことでコメントになります。)

Faceook コメント

Copyright © Textt / GreenSpace