Public Notes

  • 「蒼穹のファフナー」観終わったぜ

    やっとというか名残惜しくもというか、最終話がさっき終わりました。
    まず、「今期のアニメが全部ゴミに見える」っていうコメントには、ものすごく共感しています。一気見補正は実際にあるのですが、「魔法少女まどか☆マギカ」以上の名作で、今年前半に自分とはいったいなんだったのか考えてしまいました。まどマギよりも終わり方も展開もよかったです。前半は言われていたほど退屈ではありませんでした。そして、後半の文句をつけようがない出来。
    SEEDみたいだと騙されてみてよかったです。
    劇場版と外伝も観たくなりました。TSUTAYAに行ったら探そうかと思います。もう見るっきゃ無いです!(覚えていたらの話なんですけどね。(∀`*ゞ)テヘッ)
    因みに見るにあたって、あんまりいいことだとは思っていなんですけど、Wikipediaで予習しました。この作品は予習しといてよかったと思います。予習しとかないとよくわからなかったところがとてお多かったはずです。
    「大人がかっこいいアニメ」というコメントがいっぱいあったんですが、ホントにその通りでとても新鮮でした。あんなにいい大人は希少種らしいです。「日本沈没」もその例外の一つで、あんな大災害が実際に起きた場合、本の通りにはいかないとか。新国連は、相対的に悪く見えるのは仕方ないというか。でも、事務総長のワインを飲んでるところとかああゆうのは、なんか赦せないです。
    溝口さんは、もう神がかっていました。もう伝説です。
    さて、やっとこれで勉強に集中できます。(;´Д`)
  • 数学

    数学Ⅲ・Cやってるんですけど、全くわかりません。ノート(実際はルーズリーフ)が真っ赤です。もうよくわかりません。というか、気がついたらA,B,Ⅰ,Ⅱの範囲もよくわかってない気がします。とりあえず、やってみてどれくらいまでなるのか考えないとまずいです。
  • sq_pushroottable()

    SquirrelはLuaと違って引数が無くても第一パラメータにコンテクストを指定しないといけないみたいです。なので、sq_callでは引数の数は1以上にしないと、"wrong  number  of  parameters"になって悲しい事になります。実際に長い間なってました。(・へ・)
    それから、Squirrelの標準ライブラリ(  http://www.squirrel-lang.org/doc/sqstdlib3.html  )にあるregister系の関数を使うときは、先にsq_pushroottable()しとかないとエラーになります。そして「sq_reseterror()って何?」レベルでエラーがそのままなので注意が必要です。
    エラーハンドリングは、やっぱり難しいので頭の良い人にもっとうまくやる方法を学びたいです。orz
  • 「ココア☆ソーダ☆クエン酸」

    空耳はずっと嫌いだと思っていたんですけど、そうとしか聞こえなくなるともう開き直るしか無い気がします。「ここがそう楽園さ」が実際の歌詞みたいです。
    蒼穹のファフナーで翔子が死んだのが、鬱系がこわい身としてはとてもよかったです!  声優さんの気の抜けた声はちょっと浮いていましたけど、自爆ENDがとても鬱でした。脱出でできない兵器というのは|  ゜Д゜|  ノ イカガナモノカと思うわけですけど、鬱系なのでもっと絶望的に脱出できないというはいいシチュエーションだと思います。
  • 母をたずねて三千里

    「アニメで読む世界史」という本を読んでいるんですけど、「母をたずねて三千里」の章で長年(実際はそれほど長くない)の疑問が解消しました。
    アルゼンチンは、南米の国なので黄色人種がもっと多いはずだと思っていたんですけど、アルゼンチン人のサッカー選手メッシュは思いっきり白人です。なのでメッシュみると、いつももやもやしていました。
    「母をたずねて三千里」の章で、19世紀のアルゼンチン(主人公の母親がいる国)について解説があって、端的に言ってしまうと昔はヨーロッパからアルゼンチンに行く移民の人が多かったみたいです。その時のアルゼンチンは世界的にも豊かで日本よりも豊かだったとか。それで、主人公の住んでいるイタリアはまとまりが無かったり、まあ大変だったらしいです。そんなわけで、移民が多いってことはそこで子どもを授かる人も多いわけで、ヨーロッパの血がどんどん混じったのだと想像します。
    そんなわけで、また一つ使われない知識が増えてめでたし、です。
  • 「システム設定」

    ここ最近、Jenkinsのシステム設定が使えなくて困っていたんですけど、さっき解決方法を見つけました。
    -  http://jenkins.361315.n4.nabble.com/can-t-access-configure-page-after-upgrading-1-432-to-1-433-or-1-433-td3895116.html
    によると、"Jenkins  Slave  Setup  Plugin"を無効化すると元に戻るみたいです。たぶん、なんかのバグなんでしょうね。こうゆうのをサンドボックスでうまく守ってるソフトはうまいなーと思います。JenkinsもDebian系のパッケージも新しくユーザつくって悪い事しないようにしてるのも似たような機構なんですけど、如何せん大雑把なせいかカバーしきれないようです。
    めでたしめでたし。
  • Jenkinsの安全な再起動。

    このページに書いてあった。
    http://d.hatena.ne.jp/gnarl/20111122/1321938292
  • Jenkinsのslave.jar

    JenkinsのノードをJNLPで使おうとしたんですけど、GUIしかうまく動かせなくて困っていたんですけど、CUIの動かし方(というかslave.jarの場所)がやっとわかった(このページのおかげ:  https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Distributed+builds  )ので、なんとか動かせました。ただ、なぜかビルドするノードが最後に接続したノードになって全部のノードでビルドする方法がよくわかりませんでした。
    とりあえず、http://yourserver:port/jnlpJars/slave.jar  にあるslave.jarをwgetして、ノードの管理画面に書いてあるコマンドを打てばいいみたいです。
  • 書き忘れたこと

    「とらドラ!」でわたしが誰に似てるか考えたんですけど、川嶋亜美かなー?、っていうのが結論になりました。あんなに可愛くなかったり、頭も良くないし、察しも良くないんですが、一番わたしにしっくり来ると思います。そして、理想とする人は櫛枝実乃梨です。あの明るさとか、理由はいくつかあるんですが大きいのは川嶋亜美が嫌悪してた理由に近いものだと思います。
    Fate/Zeroが配信されてて観たんですけど、ウェイバーさんの見せ所がBパートにあったのはよかったです。原作でも好きな場面でした。小物なのに妙に謙虚なところとか想像してた通りで安心しました。それと、ランサー陣営はどうしてああも不運なのかと頭を抱えるばかりです。最後まで不遇ですけどね!  セイバーの不遇は本編のヒロインだから仕方が無いというか、第五次聖杯戦争を待てな感じでした。
    輪るピングドラムは、BLOOD-Cみたいで変に伸ばしてるのが少しツマラナイです。ピンドラは1クールくらいで、BLOOD-Cは一時間ずつの前・後編くらいでよかったのではないかと。一挙放送とかなら見たいかもしれません。
  • 「饅頭怖くないもん」てきな

    ニコニコで、「とらドラ!」の一挙放送があってタイムシフト予約したのを観ました。一応、観たことあるんですけど、改めて見ると前に観た時よりもよかったです。「生徒会長vs手乗りタイガー」は迫力があったと思っていたんですけど、ニコニコのコメントで騒然となっているのを見るとやっぱり面白いですね。
    そして今日、蒼穹のファフナーが5話くらい配信されていたんですけど、こっちもよかったです。ちなみに、こっちはリアルタイムで見ていません。「鬱系こわい、鬱系こわい、鬱系こわい、鬱系こわい、鬱系こわい、鬱系こわい、鬱系こわい」ってずっと言い続けたいくらいいいですね、鬱系。
    それから、今日は声優さんが大幅に変わったルパンでした。日テレなのにフジテレビが出てきたり、石田彰が安定していたり、作画がジブリの人でけっこう動いたり、まあ、色々あるんですけど、いいですね!  まだ、最後まで見てないんですが、じっくり観たいです。
    最後に、「〜なんて怖くないもん」って言ってる人は、きっとホントに怖いんでしょうね。そうゆう人をあまり追い詰めないように気を遣う必要があると思いました。基本的に愉快犯なわたしには難しそうですけど。
Copyright © Textt / GreenSpace