Public Notes

  • psplibrariesがマージされてた

    けっこう前にリクエストしたPull  Requestがマージされてました.
    -  https://github.com/pspdev/psplibraries/pull/7
    色々やってたらめんどくさいことになって,もうマージされなくてもいいかなーとか思っていたのでよかったです.色んな修正が主なんですけど,angelscriptを追加したり,少し建設的なこともしてます.
    ただ,rubyとboostはlibcのサポートが期待できないので,削除しました.boostはC++11がgcc-4.6.3でかなりサポートされているので,たぶんなんとかなります.
    こうゆうのやってみて思うんですがやっぱりサポートって難しいです.別にホントにサポートしたわけではないんですが,エラーが出た場合うまく修正したりするのは色々必要で,自分にはあんまり向いていないと思ってしまいます.場合によっては,他の人に「直して」リクエストを送ったりしないといけないのは,ちょっと苦痛でした.
  • 最近みたアニメ

    いくつか面白いのがあったので感想とか書いてみます.
    まず,謎の彼女X.上級者向とか人を選ぶというか,言い方は色々あるんですが,面白くない人にはきっととても退屈なアニメだろうなと最初に思いました.ヒロインの声は本職の声優さんがやっているわけではないんですけど,慣れてしまえばとてもいいです.元の声がいいというか,逆に新鮮というか.個人的にストレートなストライクで,驚喜してしまいます.絵は,少し古臭いといえばいいのか,それほど萌えなかったですけど,えっちぃかったです.涎アニメなので涎の絵がいいので文句なんて無いですけど.
    次は,「這いよれ!  ニャル子さん」.ただの萌えるアニメかと思ったら,蓋を開けてみると,中身は形容詞がたいクトゥルフ的な何かでした.Fate/Zeroと微妙にかぶっています.イカ娘ワクだと思ってみると色々浄化されていいです.
    それから,CANAANです.
    -  http://ch.nicovideo.jp/channel/canaan
    でひっそりと配信が始まっていました.うっかり見つけて,見だしたら内容にグイグイ引っ張られています.原作の428はやったことないので,とても楽しめるみたいです.そのうちやってみたいです,428.
    っと,3つ取り上げてみました.他にもいっぱいあるんですけど,疲れたのでこのへんで
  • Subtree merge.

    git  submoduleは緊急避難としての手段としてはいいんですが,色々やりだすと不便で使いづらい微妙な機能です.なので,submoduleでは物足りなくなった時にどうすればいいのか?みたいなことをここ最近調べてたんですが,
    -  http://stackoverflow.com/questions/1425892/how-do-you-merge-two-git-repositories
    で,知ったsubtree  mergeがよさそうです.分かれているリポジトリを特定のディレクトリに統合できる機能だとわたしは理解しています.そのまま,ファイルをコピーしてコミットするなんて手段も一応考えてはいたんですけど,統合元のリポジトリのコミットがちゃんと取り込まれるのはとてもいいです.
    ただ,いくつか欠点があって,githubで変更履歴なんかを見る時,マージする時にファイルは移動するので,ファイルが移動すると移動元とゴニョゴニョ…(ノ゜д゜(; ̄Д ̄)してくれないgithubでは,少し不便を強いられます.頑張れば見れないこともないですが,大変です.それと,マージ元のリポジトリのコミットが全部取り込まれるので,けっこうな数のコミットが加算されて,「うわっ」ってなるので心臓悪いと思います.貧乏人に大金を持たせてはならないのです.
  • リファラコントローラー

    -  https://chrome.google.com/webstore/detail/fflbhcjdihfppehpgehcodcacibgifae
    Google  ReaderとかでAmebloやFC2ブログの画像が表示できないことがよくあるんですが,この拡張入れたら直ってウハウハです.それと,twi2urlをちょっと再開していたりします.Herokuに移したいんですけど,色々とめんどくさくなって結局自分のサーバに戻っているのは,やっぱり力不足を実感するような出来事です.
  • 最終回ラッシュ

    季節の変わり目なので,最終回ラッシュです.ドラマはほとんど終わっているんですが,アニメはまだいくつか残っているので,終わるのが寂しいながらその結末を楽しみにしています.
    今のところ,一番インパクトがあったというか,稀に見るやり逃げというか,銀魂は強烈でした.あのお構いなしな姿勢は学ぶべきかもしれません.それと,あそこまで受け入れがたい(・∀・)イイコトイッタ!!はなかったです.不潔です.
    ラストエグザイルは,散々でした.前作はきっと何かの奇跡だったのだと思いたいくらい変な終わり方でガッカリしました.主人公が要らない子というのは不幸を通り越して,何かの間違いだと思いたいです.新作の漫画が出ているそうなので,今度本屋さんに行ったら探そうかと思います.アニメ関係者以外の人が書いたノベライズならもっと読んでみたいかもしれません.無印の一挙放送を観なかったら,こんなこと言ってないと思いますけど.
    ギルティクラウンは,何が何だかできの悪い,名作ゲーム⇢アニメを見ているような気分でした.プレイヤーのために舞台を用意したけど,観客は全く楽しめなかったといいますか.絵とか音楽はとてもよかったです.オハナシダイジ.こっちはノベライズがでているそうなので,見つけたら買いたいです.本屋さんに行くたびに探している気がするのですが,見つかりません.ヽ(´ー`)ノ
    ソ・ラ・ノ・ヲ・トの再放送も見たんですが,最終回だけ妙に物議を醸していたというのが,信じられませんでした.確かにキャラクターは「けいおん!」だったんですが,メカとか風景とか他にいいところがいっぱいあってよかったです.ほっこりするには調度良かったアニメだったと思います.
    ブラック★ロックシューターは,あんな暗い話をちゃんとハッピーに終わらせたのはよかったです.暗いまま終わったら鬱苦て不貞寝してました.
    Anotherは放送されていなかったので,見ていなかったんですが,色んな評価を見ていると再放送を探したくなりました.
    ミルキィホームズはなんにも変わらなかったので,主人公達がそろそろ本気を出すと面白いかなと次に期待です.ラードはラードでしたね!
    「ちはやふる」はサザエさんタイムとか,深夜でやる理由がよくわからないくらい面白かったです.他人といっしょに見ても苦でないアニメは貴重でした.
    他にも,妖狐×僕SS,アクエリオンEVOL,戦姫絶唱のシンフォギア,偽物語,モーレツ宇宙海賊,輪廻のラグランジェ,新テニスの王子様,etc.と終わってないまたは,最終回をまだみてないのがいくつかあるので,追って感想を書こうかと思います.
    余談ですが,これでも昔と比べてアニメは減ったそうなんだとか言われていますが,イマイチ信じられないです.まあ,こんなにアニメをつくってる国なんてそうそうないので,わかりやすく実感してみたいかもしれません.最近は,背景とかを隣の国に外注しているそうなので,そうゆうところから対抗されるようになればと思います.
  • ユニコード戦記

    ブログとかTwitterで,見かけて最近できた専門書がいっぱいある本屋さんで買ったきり積んでたんですが,今日やっと読み終えました.本職の作家がかかれた本では無いので少し読みづらかったのですが,なかなか歯応えがあって苦にならなかったです.
    内容ですが,ノン・フィクションかと思って読んでたんですが,Unicodeみたいな標準の中身がどのように決められるのかといったことの方が大きかった気がします.それから,小林龍生さんの視点で語られてはいるんですが,毎度登場する「ヒデキ」こと樋浦秀樹さんが真の主人公じゃないかとかっこよく言ってみたくなる内容でもありました.頑張れば,『アッーー!』な薄い本が書けそうでした.※  冗談です.
    島国島国言われる日本ですが先人たちの努力のおかげで大国に数えても差し支えないせいか,日本では深く考えずUnicodeは使えているようです.世界には,独自の文字コードすらなくて,Unicode入りを果たしたとしても諸事情で不完全な哀しいものとなったりするなんて事件もあると知ったときは,「このbonbonめ!」と自分を罵りたくなりました.
    理想を手に入れた側がその理想論を押し付ける残酷さというか,もっとそうゆう歴史を知らないとなと思います.「強いられているんだ!」という言葉はどこまでも強烈です.
  • 「龍の起源」

    ちょっと前に衝動買いした本をやっと読み終わりました.タイトルの通り龍の起源をたどる本です.
    内容は大きく分けて,ユーラシア大陸の東西に存在する龍・日本の龍・その他,だったかと思います.外国の龍についての話は面白かったんですが,日本の龍については河童とか天狗とか,まあ脱線気味でちょっとつまんなかったです.読んでる時にはそんなに感じなかったんですが,けっこうな量の文章もさかれていました.現代の創作について考察されたらそれはそれでドン引きだったり量が凄まじいことになりそうなので,話半分で読むにはちょうどよかったかもしれません.
    この本では,龍の起源は基本的に2つで,メソポタミアと中国から発したようです.蛇を神様に祭りあげる文化は世界各地で生まれてて,それが龍に至るわけですけど,龍に至るまでの条件がなかなか厳しいので2つしかないのは驚きでした.で,その条件ですが,
    -  大河の近くの国家
    -  コブラ(または,巨大な蛇)がいない
    だそうです.インダス文明とエジプト文明は,前者の条件は満たしているのですが後者はコブラがいるので,人々の想像力を閉口させてしまうので龍までには至らなかったとのことです.前者の条件についてですが,蛇は水と密接に結び付けれます(というのがセオリーだそうです)が,大河という規模になるとどうしても蛇だと小さくてイメージにそぐわないので,龍のような巨大な偶像が必要になったと書かれていました.人間の認識というのはまためんどくさいなと,再び思います.
    余談なんですが,日本の龍は中国の方からきたそうです.最も,文明開化やらゲームのてけとー設定で西側のも大分ごっちゃになっている感はあります.それと,縄文時代中期から農耕がはじまっていたかもしれないというのは興味深かったです.確実というわけではなかったのですが,いくつかの証拠は面白かったですし,学校で教えてもらったことの更に先を知ることができるのはとても有意義だと思います.
    日本の龍については,終始外国の文化だったそうです.理由はよくわからなかったんですが,皇室には龍はあまり入り込まず,中国の王様と差別化が図られているといった記述があります.そして,著者が龍は河童や天狗に変化したという仮説を提示しているわけですが,そこまでいくともはや別物なのではないかと思います.それから蛇を信仰する文化も日本にありますが,龍と無関係ではないのでが上の2つの条件を考えると今回は別物と考えるべきです.
  • 夜明けのブギーポップを読んだ.

    ブギーポップシリーズを読んだことなかったんですが,それだけ借りるのも気は引けるような本を図書館で借りようと思ったら,シリーズの一つを見つけたので借りてみました.結局,目的の本よりも面白くて,シリーズの初めの本を買いました.
    奈須きのこ先生の世界観が独特だったというか新鮮だと感じていたんですが,ブギーポップの方が古いし直接的な影響もあるので,その見方を徹底的に変えられてしまいました.歴史的な設定はあんまりなかったんですが,抑止力とかは根本的な部分は,ブギーポップのほうが先でした.
    新しいと思っていたものが,何か別のものを全く別に焼き増ししたっていうのはよくあるんだなーと思いました.
  • LAST EXILE一挙放送

    -  http://live.nicovideo.jp/watch/lv82519660
    でやってたやつのタイムシフトをやっと見終わりました.12時間は色々ときつかったです.
    終始,しっかりした舞台設定と最先端技術に感心させられました.ほとんど粗の無い物語とか,良作というのを思い知った感じです.
    で,まあ,今放送されている「銀翼のファム」とも当然比較したくなるわけですが,ファムの最後までを見ていない現在は,LAST  EXILEの方が楽しめました.00年代前半の作品であのCGはかっこいいですし,主人公の色恋沙汰がそれほどイライラせずに見れるのはとてもいいです.あらかさまな「もえー」とかもありませんし.
    銀翼のファムでは,想像していたよりもCGが進化していなくて少しがっかりした覚えがあります.例えば,ヴァンシップに乗っている人のCGがひどかったり,前回では暗めの色の中で生えていたCGがファムでは,明るい色が多くてわたしでも少しおかしいなと思うことが多かったです.シナリオの進め方がわたしには合っていないらしく,所々抜けている気もします.もうちょっと漢と書いてオトコな登場人物がファムたちのカワ(・∀・)イイ!!日常の裏で戦争のシナリオを進めてくれていた方がわかりやすかったかもです.
    それから,タイトルコールなんですが,なんであんなに色っぽいんですかね? 声なんでしょうか? それともこの狂った感受性なんでしょうかね?
    最後に,「ょぅι゛ょ」が終始正義でかわいいのは卑怯だとは思うんですが,思わずその空気に流されてしまう説得力があると感じました.あんまり裏付けがなくても自然なのはなんというか魔法です.
  • Node.js楽しい

    -  https://gist.github.com/1133326
    がいくつかの理由で,遅かったのでnode.jsで書きなおしてみました.
    -  https://gist.github.com/1976029
    がその結果で,一応はやくなりました.まあ,それも当然で画像一個一個がダウンロードされるのを同期的に待っていたら時間はとてもかかります.なので,画像URLは一秒ごとに50個取得して,画像のダウンロードは250個ずつspawnで起動したプロセスでwgetしています.
    試しに自分のTumblrアカウントで試してみたところ,一日位かかっていたダウンロードが,数時間くらいで終わりました.非同期の力すごいです.
    あんまり関係ないんですが,setTimeout関数がうまくいかなかったんですが,匿名関数呼び出しを使ったらなぜかうまくいって少し釈然としませんでした.ただ,ちょっとした調べごとで下記のURLでも同じようなことがあったらしく,なんかの仕様みたいです.
    -  http://dqn.sakusakutto.jp/2011/06/javascript-nodejs-sleep-sort.html
Copyright © Textt / GreenSpace