Public Notes

  • アンダルシア 著:真保裕一 の感想

    アンダルシアをちょっと前に読み終えたので更新稼ぎにその感想を書いときます。
    話は巧くできていたんですけど、インパクトに欠けたり、伏線回収がレベル上みたいになって進みが悪かったです。終始、ワケありな女性に振り回されていたのは、納得もいきません。あれだけの秘密を隠し通すのは少し無理があります。それと、帯はちょっと詐欺です。フランス・スペイン・アンドラの警察とそこまで渡り合ってないですし、それなりに協力してるのでそんな言い方はないと思います。「アンダルシア」は一冊つかって書くよりも短編や幕間くらいの方があんまり期待しないで楽しめたのかもしれません。それから、天使の報酬で出てきたキャラクターがほとんど登場しなかったのは、そうゆうスタイルの人なのかもしれませんけど、もったいなかったです。
    どうやら、今回は映画が原作超えを達成した気がします。チリ毛のアンドラ警官は、映画で伊藤英明になってるみたいです。本編で一番大きな事件が短期的なもので、最後に解決される伏線の方が大事だったところを踏襲していたのは原作を読んだ後に気がついたいいところでした。そして、戸田恵梨香をキャストしてのはわたしとくでGJです。
  • 頭痛

    今日は、少し外に出たからなのか、外から帰ったあとは頭が痛かったです。

    神様ドォルズの第一話を見ました。ニコニコ動画で見た空耳が忘れられなくなっています。My  name  is  豆腐♪は卑怯です。
    続きが気になったので、本屋さんで見かけたら買ってみたいです。絵も立ち読みして悪くありませんでしたし、神様が出てくる話なので、難しい漢字があっても、その都度Wikiなどで確認するより楽でしょうし。ただ、懐の状態にも依りますので、熱が冷めない内に遭遇したいです。

    前に買ったDDD  2を読み終えました。あんな妹絶対欲しくないです。石杖所在さんには「御愁傷様」としか思えません。
    少しだけ、どうしてあそこがあんなコトになっているのか伏線があったのですが、次の巻がいつ出るのかわからないのであまり期待しない方で気長に待つしかありませんね。日守秋星さんがやっと出てきました。ネタバレ覚悟で見てたWikipediaで知って以来ずっと楽しみなキャラクターだったのですが、思いの外軽い感じのお兄さんで拍子抜けしてます。それでも、反則的に強かったのはよかったです。所在さんの妹さんと闘う機会があれば是非、読みたいです。

    輪るピングドラムの三話は見逃しました。代わりにBlood-Cが録れていたので、三十分ほどずれたようです。ニコニコで見られたら見ます。
    ビングドラムは少女革命ウテナをよく知らないので、どうしてあんなに期待されているのか未だによくわかりません。レンタル屋さんので探そうかと思います。田舎のレンタルビデオ屋さんで見つかる見込みなどほとんどありませんが...。

    日曜日に父親がかりて来た白夜行の映画を見ました。時代設定にかなり力を注いでいるらしく堀北真希ファンの父親(50)は楽しめていたようです。
    わたしは、原作を読んだことはあるんですが、原作読んでない人から見ると少しジェットコースターな気がしました。突然、人が死んでしまったり、色んな過程を飛ばしたり、最後の方に詰め込みすぎたり、など原作の厚さが影響したのでしょうね。海賊版マリオの話や知的財産権の話がなかったのは個人的に好きだったので、それを見られなくて残念でした。ただ、それは一般的につまらない話なので、まあ、いいです。自慰のしすぎはダメ、絶対です。
    最後の方で、堀北真希さんの演じるキャラクターと結婚したダンスセレブ男性の妹さんが、レズ☆ハッピーになるというのは大分前に読んで忘れていた原作にもあった筋書きで、個人的にいいぞもっとやれでした。歪んだ性癖もテーマの一つみたいでしたが、その道の専門家の話や本をよく知らないので、わたしの感想はとりあえず「エッチければよし!」みたいです。
    原作をもう一度、読みたくなりましたが、千ページもあるので家族の誰かが買ったら読み返そうかと思います。東野圭吾さんの小説はメディアミックスされると別の味が出るので、刺激的です。

    あんまりこうゆう感想だけ書いても何してるんだと思うので、少し情報系の話題についても書こうかと思います。

    Git関連でMac  OS  Xのターミナルの代替であるiTerm  2の開発がgithubに移ってました。emscriptenなど前々からよくあったんですが、こうゆうのは毎回、驚きます。Githubの成功もありますが、開発者が移行した理由は毎回興味深いです。まだ、googlecodeがGitに対応したそうです。InfoQの記事で知りました。Mercurialはよくわからないので嬉しいです。

    Boost  1.47がリリースされていました。Chronoが個人的に大きいです。これで毎回OS依存の時間ライブラリを探さなくて済みますし、単位を毎回確認しなくて済みます。  Boost.Moveも収録されると勘違いしていたんですが@cpp_akiraさんの記事を見る限りまだ直しが必要みたいです。残念...。

    最近やっと使えるようになったBookmarkletを父親のiPadに入れて遊んでました。正直、今でもこれっぽっちのjavascriptでこんなことができるとはにわかに信じがたいのですが、便利ですね。わたしのChromeにはVozMeとInstapaperのを、父親のにはそれにxAutoPagerizeを入れました。
    Instapaperは最近使い出したのですが、後で読むをスタックに貯める機能とAdBlock的な機能がいいです。読み込みの重いページがいいダイエットをしてくれますし、読み終えたものもあとで参照できます。なにより、ページが異常に軽いのも魅力です。かなり集中的にアクセスしても遅くなったりしません。<del>後は、Chromeの拡張があれば万々歳です。</del>
    ※  さっき調べたらInstapaperのChrome拡張がいくつかありました。「なに言ってるんだハゲ」です。
    -  https://chrome.google.com/webstore/detail/gkopkcdfgadppcpanhoabhffmahehlbl
    -  https://chrome.google.com/webstore/detail/acgdjjilmhiofacmdnmmlndeokamkkcl
    がよさげです。後で試します。
  • Jpcspが一ヶ月くらい前にアップデート

    Jpcspが一ヶ月くらい前にアップデートされていたので、インストールしなしました。ただ、使う機会は特になさそうです。

    父親のiPadから印刷するために、AirPrint  Hactivatorというのを使ってみました。起動させてスイッチを入れれば簡単に使えるようです。
    -  http://netputing.com/airprintactivator

    DDD2とアンダルシアを買いました。読むのが楽しみです。また、図書館から借りた元素に関する本を早く読み終えくなります。

    Jenkinsにいくつかプラグインを入れてプロジェクトを設定しました。cmakeやgitなど、とりあえずビルドに必要なのが主です。最近、思うのですがブラウザから設定できる方が専用のネイティヴアプリケーションよりも楽ですね。sshでログインして設定ファイルを書き換えるよりもずっと負担がありません。こうゆう方向ももう少し勉強するべきな気がします。

    ユーロ安やドル安のニュースは少し不気味でした。どの国にもいいところはありますが、それは悪いところ無しには語れないのでしょうね。
    中国の空っぽのマンションは、暴落した後に住んでみたいです。ああいった廃墟に憧れます。ただ、シルクロードが核の実験場だったと知ったばかりなので何があるのか少しだけ不安は残ります。

    Undo/Redoが話題になっていたようです。diffを取るというのは想像通りでしたが、デザインパターンやアクティブプログラミングはよくわかりませんでした。一応、一定量(回数/容量)のdiffが溜まったらsnapshotを取るという組み合わせも想像してみたんですが、よくわかりません。
    -  http://togetter.com/li/161523

    TODOリストが減らない時のストレスは、空回りを増やすのでやっぱりよくないですね。適度な量に絞るのも立派な自己管理なのでしょうね。ただ、多少きつめに設定しないと意義がないのでその辺りの加減はいつも難しいです。気がつくと緩めすぎたり絞めすぎたり、うまくいきません。

    Google  Docsの容量制限を使いきってしまって少し困っています。どうやら消しても空間が空くといったことはないようです。

    人材育成のために日本の大学の資料がいっぱい公開されていました。ありがたいです。登録ができないのは少し残念ですが、RSSやPodcastが使えるので一通りみておきたいと思います。
    -  http://stream.edubase.jp/
  • 「アンダルシア」

    映画「アンダルシア」を見ました。予想していたよりもよかったです。これで、原作を買わない理由がなくなった気がします。
    「天使の報酬」には少しガッカリしたのですが、今回は話がよくできていて面白かったです。伊藤英明がイタリア伊達男していましたし、黒木メイサさんは悪女してました。伏線の回収も綺麗で、すっきりしています。
    ただ、タイトルな割にアンダルシアに居た時間が短いのは詐欺だと思いました。それでも、他の町並みもアンダルシアに負けず劣らずよかったので赦します。それと大臣は、他人の手柄を自分のものにするばかりでなく自分でも行動したほうがいいと思いました。

    githubのwatchとfollowとdeliciousのsubscriptionを減らしました。どうでもいいのとか、多くて全部を見ることができないものを減らすとすっきりしますね。githubは更新頻度が高くてあまり関係のないプロジェクトを、deliciousはLuaとConcurrencyのタグを外しました。Luaに対する興味はそれほどなかったみたいです。

    PSPのcmake  toolchain  scriptにPSPのbuild.makの機能を取り込んでみたんですが、うまく動かないので少し困りました。それと、cmakeの変数名で大文字小文字を区別するようになったので、それに伴う変更も面倒でした。別のビルドシステムに浮気したいです。

    Jenkinsを試しにVirtualBoxの仮想マシンに入れてみました。入れた見たときは動かなかったんですが、さっきブラウザからアクセスしてみたところ動いているようです。明日、試してみたいと思います。

    Twitterの日本語ハッシュタグが使えるようになったらしいです。「魔法少女まどか☆マギカ」はハッシュタグにならないようですが、わたしは検索したいキーワードをそのまま検索したいので、そんなに関係ないです。話題のために使うそうですが、打ち込むのが面倒なので使ったことはありません。ハッシュタグはバカらしいが単純明快なアイディアだとどこかで聞いたことはありますが、未だにそれがよくわからないです。

    液化石炭というものを初めて知りました。
    -  http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/07/post-2186.php
    -  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%82%AD%E6%B6%B2%E5%8C%96
    石炭の埋蔵量(記憶している限り年数で)は石油よりも長かったので、少し期待してます。

    神様ドォルズの二話を観ました。一話を見逃したのが惜しかったくらいよかったです。しかし!、一話はニコニコで配信されるようなので、問題ありません。
    異国迷路のクロワーゼは、丁寧につくってある作品でした。ループ再生をしていたら、ガラスの割れる音がトラウマになりかけました。近藤さんがとってもイケメンだったので、不快な感じがしませんでした。登場人物全員がいい人すぎて、わたしが勝手につらくなるアニメです。
  • bcpぎゃー

    <boost/move/move.hpp>をbcpでコピーしたら大変な事になりました。中身を見ていると(見たくないけど)config,  mpl,  preprocessor,  type_traitsが多いようです。Boost使うとこうゆうことになるんですね。
    ->  http://ideone.com/37Dly

    Web  3.0の話があとで読むリストの中に入っていたので、読んだりビデオを見ました。流行語候補みたいですが、流行に疎いわたしにはよくわかりませんでした。
    ビデオ  ->  http://ieet.org/index.php/IEET/more/ray20110428

    gmailのタスク管理は、使いづらいのでdeliciousにわざわざあとで読むタグをつくりました。deliciousへの投稿は、Taberarelooを使っているので、タグを上書きすればリストから外れるようにしてあります。何か別のサービスを使うべきかも知れません。

    Boost.Moveのいい解説を読みました。boostのgitミラーを確認した限りドキュメントが無かったので、とてもありがたいです。
    使い方はほとんどわかりました。BOOST_COPYABLE_AND_MOVABLEかBOOST_MOVABLE_BUT_NOT_COPYABLEでmoveの要件を満たし、BOOST_RV_REFでコンストラクタをつくります。ただ、まだ原理をちゃんと把握するのはまだ難しそうです。
    -  (前編)  http://d.hatena.ne.jp/iorate/20110506/1304700716
    -  (後編)  http://d.hatena.ne.jp/iorate/20110509/1304919658

    typoの報告をしたら直してもらいました。気がついたことがあったらすぐに報告できるように習慣付けたいです。
    ->  https://github.com/mnmly/library/commit/d44a23d059e3326c4e7e8212692b68b94294067d
  • 父と娘

    「私の男」をこの前、待ち合わせ場所の本屋さんで買ったので読んでいます。今は、一章が終わって二章に入りました。ふすまの奥に何があるのかとても気になるのですが、それはまだ先のことみたいなので、一章で気になったことでも書いてみます。
    わたしは男なので、父と娘という関係がうまく理解できません。ですが、わたしの妹を観察したり、たまに見かける女性の言葉を見かけて思うところはあります。
    曰く、娘が一番最初に恋するのは父親だとか。また、父親にとって娘は絶対に手にできないのに大事に守り最後には奪われる存在だとか。
    父親には理不尽で、娘は身勝手だとわたしは思います。
    結局、理解するのには、父親になってみるしか無いのかもしれません。
    二章では、美郎の親子関係が少し出てきて、少し感心しました。プリンセストヨトミには及びませんでしたが、なかなか的確でした。
    なぜか、口数が減ります。
Copyright © Textt / GreenSpace